生け垣剪定工事

生け垣の枝が隣の敷地まで伸びていました。

出ている部分を敷地内に収めるため、強めに剪定を行います。

生け垣は目隠しの用途が多いです。

しかし今回は枝が伸びすぎているので思い切って切ります。

少々太い部分から枝を切っていきますが、生け垣の形を崩さないように確認しながら切ります。

強めに剪定を行うと枝、葉が減り見通しが良くなってしまいます。

成長の時期になると枝がどんどん伸びて葉も増えていき、密集度も高くなって目隠しの役割を果たします。

施工前
作業中